>

1年ほどの時間が必要

残された時間を考慮する

少しずつ出資をしてもらい、資金を集めるのがクラウドファンディングのやり方です。
求めている資金額によって必要な期間が変わりますが、数か月から1年近い時間が必要だと理解してください。
クラウドファンディングを始める前に、最低でも1年の時間が残されているのかチェックしましょう。

時間に余裕がない時は、別の方法で資金を得た方が良いです。
このように複数の資金調達方法を事前に調べて、その時に最もふさわしい方法を選んでください。
事業の実行までに時間があり、返済の負担を減らしたい時や金融機関の審査を通過する自信がない人には、クラウドファンディングがおすすめです。
クラウドファンディングはサイトに登録するだけで、すぐに始められます。

SNSを使ってみよう

出資者が増えない時は、宣伝が不足していると考えられます。
サイトに登録するだけでクラウドファンディングの準備は完了ですが、それだけでは出資者に気づいてもらえません。
こちらからアピールする意識を忘れないでください。
そこで、SNSを使いましょう。
SNSなら気軽に情報を発信できますし、遠くにいる出資者ともコミュニケーションを取ることができます。

金融機関の融資を受ける時のように事業内容を詳しく説明して、出資者に信頼されてください。
またSNSに投稿する際の言葉遣いや、態度に注意しましょう。
それらに問題があると、人間性を疑われてしまいます。
次第に周囲の人が離れてしまうので、丁寧な態度でSNSを使いましょう。


この記事をシェアする