>

金融機関に相談しよう

事業に関する説明

金融機関の審査を通過できず、資金調達が失敗する人が見られます。
失敗する原因の1つに、事業計画書に問題があると思ってください。
内容が不足していると何に資金を使うのか伝わらず、金融機関から怪しまれます。
どんな事業を始めたいのか詳しく説明してください。

現在計画している事業が成功すると、社会全体にメリットを与えるなど、良いことをたくさん書くこともコツです。
金融機関も、事業を応援したいと感じるでしょう。
提出する書類は、丁寧に書かなければいけません。
どれだけ具体的に書き込んでも字が汚いと、読んでもらえません。
もったいないので、綺麗な字で書くことを意識しましょう。
また鉛筆ではなく、公式文書の場合は黒のボールペンで書くことが基本です。

必要な資金額を計算

審査は、借りる金額によっても厳しさが変化します。
大きな金額を借りようとすると本当に返済できるのか不安に思われ、さらに厳しい審査を受けます。
何回も資金調達に失敗する人は、借りる金額が大きいことが原因だと考えましょう。
もう1回事業計画を見直し、最低限必要な金額を指定してください。

現在は自分の手元に、どのくらいの資金が残っているのか確認することもポイントです。
たくさん資金が欲しいと思っているかもしれませんが、借りすぎは返済の負担も大きくなりますし、デメリットが増えてしまいます。
自分に合った資金額を見極めて、融資を申し込みましょう。
選択肢を銀行だけに絞らず、審査が緩いと言われるノンバンクを使うのもおすすめです。


この記事をシェアする