>

注意点を知って資金調達をする

条件や締め切りをチェック

事業を行っている人全般が申請できる補助金や助成金、中小企業をターゲットにしたもの、地域活性化のために仕事を行っている会社など、申請できる人の条件が決められています。
まずは、自分に合う補助金や助成金を探すところから始めてください。
意外と種類が多いので、1つは自分が申請できる補助金や助成金を見つけられると思います。

ここで注意したいのは、申し込める期限が決まっていることです。
後回しにすると締め切りを過ぎて、資金を受け取れなくなってしまいます。
素人は予定を見ないのでそのような失敗をするケースが多く、必ず最初に締め切りをチェックしてください。
まだ締め切りまで余裕があっても、その場で申し込んでおくと安心です。

定員が決まっている場合

補助金や助成金の中には、定員や予算が決まっているものがあります。
締め切り前でも定員になったり、予算がなくなったりした場合は申し込めないと覚えておきましょう。
このことからも、もう補助金や助成金の募集が始まっていたらすぐに申請することをおすすめします。
申請する際には書類が必要なので、作成しておきましょう。

書類に1つでも不備があると、受理してもらえません。
また最初から書類を作り直さなければいけないので手間が掛かりますし、その間に締め切られる可能性があります。
特に自分が条件を満たしていることを証明できる書類は重要なので、間違いがないよう丁寧に作成してください。
そして提出する前に、書類に不備がないか見直しましょう。


この記事をシェアする